古賀崇洋
B-OWND限定モデル
頬鎧盃 弦月形
白金
10
購入予約をする
古賀崇洋
現在、陶芸界で最も注目を集めるアーティスト・古賀崇洋。
装着する器である古賀の代表作・頬鎧盃の「伊達政宗モデル」が遂に登場。頬鎧盃の中でも最も創りたかったという伊達政宗をモチーフに、構想から約5年の歳月をかけて完成した究極の盃である。

独眼竜の伊達政宗は、三日月の兜を筆頭にド派手な衣装や装飾を好んだ歌舞伎者であり、時代の変革者であった。政宗が死の直前に放ったと言われる辞世の句がある。
「曇りなき心の月をさき立てて 浮世の闇を照らしてぞ行く」
「真っ暗闇の中、月の光を頼りに道を進むように、戦国時代の先の見えない趨勢を、自分が信じた道を頼りにただひたすら歩いてきた一生であった」

古賀は現代を下克上の時代だと捉える。先の見えない現代でも、時代を切り開く意思と覚悟があれば、出自に関係なく突出できると。戦いを繰り広げた伊達政宗の威嚇的な防具である頰鎧をモチーフに、人の生き様、心意気を表現した作品《頬鎧盃 弦月形》。この作品は、志高い現代の武将たちに向けてのエールが込められているのだ。
Black
頬鎧盃 弦月形 黒
金額(JPY)
120,000-
個数(限定)
10
Platinum
頬鎧盃 弦月形 白金
金額(JPY)
220,000-
個数(限定)
10
白金
陶芸家・古賀崇洋
1987年福岡県生まれ。太古から成る大地を用い、素材のもつ魅力を追求し、炎を操り、結晶化する。 継承されてきた技法、伝統を踏襲しながら現代を生きる自分にしかできない表現を模索している。画一化し、窮屈さを求める社会に対するカウンターとしての個性と質を兼ね備えた地域工芸のあり方を探り、そのための価値観を育て、意思を持って発信し続ける。その志と誇りの意思を形にしたのが古賀の焼物である。代表作に無数のスタッズを施した器、オブジェ等の『SPIKY series』、鎧をモチーフにした装着する器、『頬鎧盃』などがあり、個展を中心に海外アートフェア、パリ、ミラノ国際見本市、人気漫画、アパレルブランドコラボ等、活動も幅広く、国内外で高い評価を受けている。
作品情報
Black
Platinum
白金
Black
頬鎧盃 弦月形 黒
金額(JPY)
120,000-
個数(限定)
10
購入するための抽選予約ができます
抽選終了後3時間以内に結果を
通知いたします。
製作年
2020
制作地域
福岡県
サイズ
202mm x 135mm x 147mm
重量
750g
素材・技法
磁器(天草陶石)、マンガン系黒釉/型成形、手捻り成形
Platinum
頬鎧盃 弦月形 白金
金額(JPY)
220,000-
個数(限定)
10
購入するための抽選予約ができます
抽選終了後3時間以内に結果を
通知いたします。
製作年
2020
制作地域
福岡県
サイズ
202mm x 135mm x 147mm
重量
700g
素材・技法
磁器(天草陶石)、プラチナ/ 型成形、手捻り成形
作品証明書
作品証明書にはあなたの名前が記され
ブロックチェーンで保管されます
※お申し込みの際は、B-OWND登録済アドレスでお申し込みください。
( ユーザー登録がまだの方、登録はこちら